1. HOME
  2. 選挙マニュアル
  3. 4.選挙前準備
  4. 選挙期間中のスケジュール

4.選挙前準備

選挙戦をスムーズに進めるために

4.選挙前準備

選挙期間中のスケジュール

市議会議員選挙期間中のスケジュール管理

選挙期間中のスケジュールは事細かに決める必要はあるのでしょうか?
選挙運動は選挙期間中にしか認められていませんので、無駄のないスケジュールが必要となります。

市議会議員選挙期間中の一日のスケジュール

 スケジュールを組む際に大切なことは、一目で「いつ」「誰が」「何をするか」をはっきりとわかるようにすることです。

時間・人員・場所などあらかじめ決めておくことでスムースに行動できるだけでなく、人目に付く場所や時間などを考えながらの戦略も練りやすくなります。

自分たちの使いやすいスケジュールの形を考え、事前に準備しておきましょう。

街宣車運行スケジュール

 街宣車の運行において一番重要なのは、絶対に停めないということです。

ずっと運行しているのは大変だと思うかもしれませんが、街宣車が選挙事務所の前にずっと停車していると市民の方に「体制が整っていない陣営」と見られてしまいます。

出来れば乗員の交代も迅速に行っていきたいところです。

運転手とうぐいす嬢の交代

 うぐいす嬢の交代は選挙事務所に勝手からという形をとっておけば、何かのトラブルがあっても対処しやすいです。

しかし、選挙事務所にもどってばかりいると、街宣車の運行ルートが制限されてしまいます。

特定地域での集票が念頭にある場合はいいのですが、選挙事務所周辺ばかりを回ることになって遠い地域の街宣が手薄になってしまいます。

特に選挙区が広い地域の場合は、手薄感が顕著に現れてしまいます。

運転手とうぐいす嬢の交代は、街宣車と交代要員が街頭演説をする現地や、運行ルート上のわかりやすい場所で合流するか形をとるのも有効です。

この場合、街宣車と交代要員がともにスケジュールを把握していないと、合流することが出来ないといったトラブルに繋がってしまいます。

今は携帯電話でのやり取りが出来るのですが、時間のロスをなるべく減らすためにも、スケジュールはしっかりと把握しておきましょう。

選挙戦略によって

 選挙事務所周辺を徹底的にまわるのか、広範囲にわたって街宣するのかによって交代の仕方を考えれば良いと思います。

しかし、どちらにせよ街宣車を選挙事務所に停車する時間はなるべく減らすようにし、フルで運行するようにスケジュールを組み立てましょう。

何らかのトラブルで選挙事務所に街宣車を停車せざるを得ない場合は、シャッターのある駐車場に入れてしまい隠してしまうのも一つの手です。