1. HOME
  2. 政治的コラム
  3. 映画「そうだ!選挙にでよう!」

Column

政治的コラム

その他・雑記

映画「そうだ!選挙にでよう!」

映画「そうだ!選挙にでよう!」

2017年に「そうだ!選挙にでよう!」という映画が、公開されました。当サイト同じ名前の映画だったので、ご紹介します。

監督は、富山県高岡市で活躍されている市川徹さんという方です。監督のコメントを下に紹介します。

『この物語は、あくまでもフィクションですが、このような選挙戦を戦い、勝ち抜き、議会に新しい風を吹き込んだ実在の市会議員をモデルにしています。昨今、地方議員の不祥事が相次ぎ、このままでは政治不信が蔓延し、秩序のない日本へと向かってしまうのではないかと心配です。今池大輔のような若者が一人でも二人でも出てきてくれれば、そして、若者がもっと政治に関心を持ってくれれば、との思いからこの映画を制作しました。 』

気になる映画の内容

予告編を見てみるだけでもとても興味深いのですが、現在はこの映画を見る手段が見当たらなく、全貌は不明なままです。

選挙にまつわる様々な描写があるのですが、中には公職選挙法の観点から疑問に思う点もちらほらと見受けられます。

予告編の映像の活動が選挙前の場合
  • 名前の入っているタスキをかけるのは公選法違反
  • チラシの配布は後援会活動として行われているものなのか?
  • 内容的に立候補を表明している場合はNGとなる
選挙期間中の活動の場合
  • 選挙期間中であれば名前入りのタスキは認められる
  • しかし、チラシの配布は「文書図画の頒布」にあたるためNG」

など・・・

作品としてはとても良い

主人公のような若者が増えてくれればと期待を込めた作品を作るなら、もう少し公職選挙法に則って細かい点も考慮してもらいたいところが少し残念ですが、全体的には若者の情熱が日本を変えてくれる・・・そんなワクワクした印象の強い作品だと思います。

現在、映画を見ることが出来ないので、どこかで見られる情報があったら、ぜひお寄せください。

まだまだ続く「そうだ選挙に出よう」という映画作品

「そうだ!選挙に出よう!」という当サイトと同じ名前の映画情報ですが、気になる情報を見つけたので、こちらも紹介しておきます。

長野県松本市の市議会議員「今井優輔」さんという方が2019年に松本にて「そうだ選挙に出よう」という映画を公開予定とのことです。

当サイトが目指す市議会議員の在り方にとても近い方なので、公開されたらぜひ観てみたいと思います。

最新記事